空き家対策

IMG_1451

【空き家対策】

空き家について、こんなお悩みはありませんか?

自宅から遠く管理ができていない

売却したほうがよいか、相談する相手がいない

相続遺品整理に時間がかかっている

庭の状況や不法投棄が気になる

いくら税金がかかるかよくわからない

空き家を放置すると

地震などの災害で屋根瓦や窓ガラスが飛散したり、ブロック塀が倒れるなどして他人が怪我をした場合、空き家の所有者の責任となり、損害賠償責任を問われることもあります。

また「空家等対策の推進に関する特別措置法」により自治体が
「そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれがある」などの特定の状態であると判断した
「特定空家等」は、固定資産税の「住宅用地の特例」という優遇措置が適用されない場合があります。
これまでは住宅の用地、つまりは土地に対して最大6分の1に軽減されていた固定資産税が元の税率
(1.4%。ただし自治体によって変わる場合もある)に戻り、今までの6倍の額になることがあります。

適切な管理が行われていない空き家などが防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしています。全国で放置空き家が年々増え続けており、地域住民の生命・身体・財産の保護、生活環境の保全のために、平成26年11月に国会で成立された法律です。

空き家は資産です

「老後のためにとっておきたい」、「売却して収益を得たい」、「セカンドハウスとして残したい」など、将来の選択肢を残すためにも、空き家を大切に管理することが大切です。
人の住んでいない家は劣化も早く、建物の価値が下がってしまいます。
新栄サービスの空き家管理サービスはお客さまの代わりに、お客さまの資産を守ります。
個人で管理するのが大変な方、持て余している方、空き家に関するご相談承ります。

ご相談から解決までの流れ

1.お問合せ

まずはお電話・メールでお問い合わせください。

この時に現在お困りになってることを遠慮なくお伝えください。

2.無料相談

お問い合わせ後、再度完全無料相談を行います。

さらに詳しくお客様の状況やご希望をお聞きして最適なご提案をさせて頂きます。

3.今後の方針の決定

ご相談に乗らせていただいて最適なご提案後、
今後の方向性を決定させていただいて準備をはじめませていただきます。
4.ご契約

準備が整いましたらご契約をさせて頂きます。
ご契約後、実際に空き家のことに関して選任のスタッフがすべて対応させていただきます。
5.解決

案件内容によって時間はそれぞれですが
選任スタッフが解決まで責任をもって対応させていただきます。

具体的ご相談事例

1.空き家の売却でのご相談

2.空き家の管理でのご相談

3.空き家の有効活用でのご相談

4.家が古いので解体して土地のみでの有効活用でのご相談

5.固定資産税でのご相談


会社概要  サービス概要  工事実績  不動産情報  空き家対策  コラム  お問い合わせ