名古屋市におけるマンション塗装修繕工事の大まかな流れや相場感

名古屋市のマンションやビルの塗装修繕工事は、通常8年~10年に一度の割合で行われます。初めて塗装修繕工事を行う場合や、そろそろ工事の時期が来る…という方の参考になれば幸いです。

目次

 1 事前に確認しておくと後が楽!塗装工事の流れ

 2 塗装修繕工事にかかる一般的な費用

1 事前に確認しておくと後が楽!塗装工事の流れ

事前に確認しておくと後が楽!塗装工事の流れ

名古屋市の塗装修繕工事は、仮設工事(現場事務所や従業員の仮設トイレなど)→足場設置工事→躯体補修工事→シーリング工事→塗装工事→鉄部塗装工事→防水工事→塩ビシート張り工事→養生撤去→足場解体→清掃が大まかな流れとなります。

また、ビルやマンションの規模にもよりますが、高所作業車の手配や高圧洗浄機なども必要に応じて準備する必要があります。

2 塗装修繕工事にかかる一般的な費用

塗装修繕工事にかかる一般的な平均平米単価は次の通りです。

  • 塗装700円~5,500円
  • シーリング900円~1,200円(打ち替えの場合)、700円~900円(打ち増しの場合)
  • 足場600円~800円
  • 高圧洗浄200円~250円
  • 養生300円~500円

以上が基本的な費用になりますが、マンション・ビルの規模や高さによって変動します。また、塗料に関しては使用する塗料の種類、塗る場所は塗る範囲によって大きく異なります。その他にも、耐用年数や作業員の人数によっても変わってくるので、必ず相見積もりを取るようにしましょう。ただ、単に安いからといって依頼をしてしまうと、耐用年数が短く、短いスパンで塗り直しが必要になってしまうケースもあるので注意が必要です。

名古屋市の新栄サービス株式会社では、ビルやマンションのオーナー様へコストパフォーマンスの高い塗装修繕工事をご提案しております。お客様からの修繕工事に関する相談や些細な質問にも丁寧に対応いたしますので、ぜひご利用ください。

以上、マンションやビルにおける塗装修繕工事の流れや相場についてご説明いたしました。マンションを保有している以上、避けては通れない外壁修繕。大まかな流れや相場を知っておくことでよりスムーズに塗装工事が行えるでしょう。名古屋市の新栄サービス株式会社は、工事の内容が適切かどうかを判断するコンサルタント会社です。業者選定にも対応していますので、名古屋市で大規模修繕工事や外壁工事を検討されている方はご相談ください。

コラム ☜