名古屋市に保有するエレベーターの改修工事はいつ行えばいい?

名古屋市でエレベーターを完備しているマンションは多数あります。ただ、マンション内にある様々な設備と同じようにエレベーターにも耐用年数があります。そのため、定期的にメンテナンスの他に、改修工事も併せて検討しましょう。

目次

 1 エレベーター工事を依頼する適切なタイミングとは?

 2 エレベーターの改修工事の流れ

1 エレベーター工事を依頼する適切なタイミングとは?

エレベーター工事を依頼する適切なタイミングとは?

エレベーターの耐用年数は、メーカーがおおむね20年~25年と公表しているのに対し、国税庁の減価償却基準では17年とされています。

また、国土交通省の長期修繕計画のガイドラインには15年目に補修を行い、30年目にリニューアル工事すべきと記載されています。保有するマンションのエレベーターの耐久年数が上記に当てはまっている場合は、改修工事の検討をおすすめします。

2 エレベーターの改修工事の流れ

エレベーターの改修工事の流れ

エレベーターの改修工事の一般的な流れは、以下のような形で行われます。

現場調査

改修業者に依頼をすると、まず現場調査を行います。不具合のある場所や劣化状態などを念入りに調査しおおよその工事規模を考えます。

工事内容の決定

現場で行った調査報告をもとに、工事内容や仕様、見積もりなどを算出していきます。併せて、仕様も決定するのでどういった改修を行いたいのか考えておきましょう。また、エレベーターは入居者が日常的に使うものなので、利用状況を考慮し、停止している期間をなるべく少なくできるようスケジュールを組みます。

改修工事開始

実際の作業を行います。既存エレベーターの撤去やコードケーブルやワイヤーロープなどの付属するものを交換または撤去していきます。新規部品搬入に関しては、クレーンを使用した搬入が必要となるので、十分なスペースの確保と入居者への配慮が大切です。

改修工事終了

すべての作業が終わったら試運転を行い、問題なければ引渡しとなります。

以上がエレベーターの改修工事の流れとなります。名古屋市でエレベーター改修工事を行う際は、新栄サービス株式会社にご連絡ください。工事の手配はもちろん、円滑な作業を行えるよう努めさせていただきます。

以上、エレベーターの改修工事の依頼タイミングや工事の流れについてご紹介いたしました。入居している方々に快適に暮らしてもらうためにも、耐用年数に応じた適切な改修工事を行ってください。名古屋市でエレベーターの改修工事をお考えなら、名古屋市の新栄サービス株式会社までご相談ください。新栄サービス株式会社では、改修・修繕工事のコンサルティングを行っています。エレベーター改修工事に関してご満足いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問合せいただければ幸いです。

コラム ☜